すべてのママとパパのための育児ブログ

ママ部

美容

シミが怖い!美容皮膚科で聞いてきた予防対策7つ

とにかくシミが怖い!土日は子供と外遊びで紫外線浴びまくり。

シミがとにかく怖い。

今目に見えて目立つシミがあるわけではないけど、急に大きいシミが出てきたら。

日中は仕事で外回りもあるし、土日は公園や海、とにかく外遊びで紫外線を浴びまくっている日々。

日焼け止めを塗っているとは言え、心配になってきたので美容皮膚科に行くことにしました。

 

シミが怖い、でも症状無しで美容皮膚科に行っていいものなの?

特段、目に見えて症状があるわけではなく、漠然としたシミへの不安で美容皮膚科に行ってもいいものなのか。

結果、行ってよかった!!何の問題もありませんでした。

専門家のアドバイスはやっぱり説得力があります。

私も今日から実践してみたいアドバイスをたくさんもらえました。

 

美容皮膚科の先生からのアドバイス

①シミ予防には1に日焼け止め、2に日焼け止め!!

女医さん
とにかく、一生懸命、しっかりと日焼け止めを塗りなさい!

できたら紫外線に当たらない!

それができないならしっかり日焼け止めを塗ること!!

②一般的な日焼け止めの効果の持続時間は2時間!1日に2回塗りなさい

女医さん
午前、午後と外に出るのなら、日焼け止めは午後外に出る前に一旦塗りなおすべき。

日焼けの効果は2時間で切れるから。

これは知らなかった~!!

真夏の海でもない限り、塗りなおすなんて概念がなかったです。すみません。

これからは塗りなおします…

③日焼け止めは真珠玉2個分たっぷり塗りなさい

日焼け止めって落とすのも独特の香りもあるし、顔は特に白くなるが嫌でうっすら塗ってしまいます。

女医さん
日焼け止めは真珠玉2個分、ちょっと多いかなと思うくらいたっぷり塗らないと意味がない!

はい、多少の白塗り感は覚悟でたっぷり塗ります…

④シミ予防にはとにかく保湿!保湿命!

シミ予防に、乾燥は大敵。

女医さん
日焼け止めをしっかり、あとはとにかく保湿!潤すのよ!!

おススメは資生堂のドゥーエ、安心して使えるわよ。

 

 

⑤シミ予防には洗顔は優しく!

女医さん
洗顔はゴシゴシやってないわよね? タオルで優しく拭いてるわよね?

顔ゴシゴシは洗う時も拭く時も禁物です!

 

⑥シミ予防の日焼け止めはラロッシュポゼをおすすめされた

皮膚科でおすすめされたのは、人気のラロッシュポゼ。

病院でも推奨されるような実力派だとは知りませんでした。

今使っているのが無くなったら試してみようかな。

⑦目からの紫外線がメラニンを作り出すので、サングラスをしなさい!色付き眼鏡でもOK

日焼け止めを塗ることに加えて、勧められたのがサングラス!

女医さん
目から入る紫外線がメラニンを作り出して、シミのもとになるからね!

サングラスができないなら色付き眼鏡でもいいわよ。

私はここ1か月くらい調光コンタクトレンズなるものをつけてます。

光が強くなると、コンタクトの色が濃くなるという優れもの。

営業で外回りが多いけど、さすがに仕事中にはサングラスはつけられないみたいな方にぴったり。

ジョンソンエンドジョンソンの世界初の調光コンタクトなのですが、めっちゃくちゃ使い心地がいいのでまた別の記事で書きたいと思っています。

シミ予防に、まだシミが無い私が処方されたのはビタミンC誘導体化粧水

まだ消すシミはないけども、使ってほしいのがビタミンC誘導体化粧水!と先生のオススメで保険が効かない化粧水を購入してきました。

※参照 常盤薬品工業株式会社 パンフレット

ビタミンC誘導体化粧水の作用

①メラニンを薄くする

②メラニンの合成を阻害する

③抗酸化作用

④毛穴ひきしめ

⑤皮脂分泌の抑制効果

⑥コラーゲンの合成を促す作用

シミ改善、くすみ改善、しわたるみ改善の効果もあるようです。

アスコルビン酸も飲んでいるので、良く言われる内から外からビタミンを摂取して今年こそは徹底したシミ予防をして透明感のある美肌に近づけたらなと思います。

 

  • この記事を書いた人
ももこ

ももこ

1986年生まれ、2才の息子を育てる、働く母さんです。 乳卵アレルギーマックスの息子に毎日保育園弁当作ってます。 ここでは失敗談もふんだんに、経験をもとにありのままの日々をつづって、同じ境遇のママと繋がっていけたら嬉しく思います。

詳しいプロフィール

お問合わせ

-美容

Copyright© ママ部 , 2020 All Rights Reserved.